>  > 穴だったのは性感マッサージ

穴だったのは性感マッサージ

まさか…というか、性感マッサージがここまで楽しい風俗だとは思っていませんでした。もちろんどんな風なのかくらいは分かっていたつもりだったんですけど、実際にはほとんど楽しんだことはありませんでした。だから盲点と言えば盲点かなとも思いましたね。あれだけ上手な女の子が自分のためにあそこまで尽くしてくれるんです。しかも尽くしてくれるオンリーじゃないですか。他にあれこれとかではなく、あくまでもすべては快感のためにっていう行動原理なんですよね。それがとっても楽しかったので、風俗では性感マッサージは狙い目なのかもしれないなって思いました。でもそれがとっても楽しいというか、今後はもっともっとより風俗を楽しんでみようかなって気持ちにもなったので、よりいろんな形で性感マッサージを含めて自分の満足感を求めて楽しんでいきたいなって思いましたよ。それくらい、自分にとって影響のある風俗になる可能性を秘めているのかなって思いました。

休みになったら風俗かな

よく羨ましいって言われるんですけど、週休三日制の会社なんです。その分、他の四日は労働時間が長いんですけど、三日休みがあるのはいいですよ(笑)休みも上手く使えますしね。それに、有休を上手く活用すれば一週間くらい休むことも出来ちゃうんです。だからかなり気に入っていますけど、休日によく楽しむのは風俗ですね。一週間の半分弱が休みなんです。慌てて何かをせずとも、自分の思った通りの時間を過ごせます。毎回のように風俗を楽しんでいるって訳ではないんですけど、ただ風俗を楽しむことによって、いろんな気持ちになれるんです。女の子との時間じゃないですか。週休三日ではあるんですけど、職場にあまり女の子がいないんですよね。だから女の子と同じ空間にいるだけで気持ちが違うんです。非日常感というかドキドキというか、あんな気持ちになることってそうそうないんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗も心置きなく楽しませてもらっているんです。

[ 2017-01-17 ]

カテゴリ: 風俗体験談